異なる価格 | 精密機械の輸送方法~大切な精密機械を運ぶ~

異なる価格

一口にベアリングといってもいろいろとあるので、その価格は全く違うものとなっているのです。一般的なベアリングといわれているものは、玉軸受といわれるものだと考えてよいでしょうから、この玉軸受の価格は百円前後のものからといってもいいのかもしれないところです。ですが、これについても精度のいいものとなるともっと高いものとなりますし、軸の径が大きくなっていけば当然ベアリングの形も大きくなっていくことになるので、値段も高くなっていくことになるのです。ですから、ベアリングの価格というものは精度と大きさといったものが大きく関係をしてくることになるものです。ただ、極端に小さいものも加工がしにくくなるので、高くなるのです。

ベアリングなどの軸受の価格の傾向はほぼ横ばいといってよいでしょう。量産化されているものはほぼ価格が変化しにくいといったことになっているのです。量産化されているものは競争といったものも安定しているので、特に競争が激化したり、激減したりするといったこともないので、価格は安定しているのです。ただ、特殊な部位に使うためのベアリングの価格は高騰するといったことになりそうです。最近はさまざまな用途が生まれているのが産業界ですから、さまざまな用途に対応するために特殊なベアリングといったものも必要とされているのです。例えば宇宙で使えるようなベアリングといったものも開発されていて、こういった特殊なものは高くなるのです。